「いまの説明、わかりやすいね!」と言われるコツ(浅田すぐる)の3つのコツ

この記事は2分で読めます

スムーズな意思疎通に必要なこととは?

職場でも家庭でも、意思疎通を短時間で正しくしたいと思い、

元トヨタの浅田すぐるさんが書かれた

「いまの説明、わかりやすいね!」と言われるコツ [ 浅田すぐる ]

を読みました。

 

この本を読む上で、

「スムーズな意思疎通のために、具体的に何をどこまでやればいいのか?」

という問いをたてました。

 

その答えとして、

 「情報を整理する」「考えをまとめる」「伝える」を

 「3つ」の軸で実行する

という答えが得られました。

 

それって、どういうこと?と思われるでしょうから、簡単に説明しますね。

 

「3つの視点」で「情報を整理する」

まず1つめは、「3つの視点」で「情報を整理する」ことです。

3つの視点とは、例えば、

3C(顧客・自社・競合他社)

時間・空間・人(いつ・どこ・だれ)

アタマ・ココロ・カラダ

です。

テーマに合う3つの視点選んで、

アイデアを「紙に書き出す」ことで情報を整理します。

 

「3つの構造」で「考えをまとめる」

2つめは、「3つの構造」で「考えをまとめる」です。

3つの構造とは、例えば、

What・Why・How(内容・目的・計画)

過去・現在・未来

松・竹・梅

です。

こちらもテーマにあった構造を選んで、

「紙に書き出す」ことで考えをまとめます。

 

「3つの動作」で「伝える」

3つめは、「3つの動作」で「伝える」です。

3つの動作とは、

ポーズをとる

見せる

指さす

と、こちら決まっています。

 

まず、伝える際、「ポイントは3つあります」と決め台詞とともに、

指を3本立てるポーズととります。

ここで、ポイントを3つに絞り切ることが寛容です。

 

そして、考えをまとめる際に書いた紙だったり、資料、ホワイトボードなどを

実際に「見せながら」、説明箇所を「指さし」て伝えましょう。

当たり前ですが、この方が話し手も聞き手も、わかりやすいですね。

 

まとめ

考えの整理がないまま、思いつきで、口頭で伝えても、

なかなか上手く伝わらない理由がわかった気がします。

 

これからは、

情報を整理し、考えをまとめために、紙に書き出す手間を惜しまず、

せっかく書いた紙を見せながら、伝えることで、

どれだけスムーズに伝わるか、確かめていきます。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。