読んだ本を説明するための3つのコツ!アクティブ・ブレイン式記憶できる読書術(矢沢大輔)

この記事は2分で読めます

読んだ本の内容を人に説明できない現実

本好きの私ですが、先日とある講演会に参加しました。

その中で、参加者3名程度のグループを作り、自分のオススメの本を紹介しあうワークがありました。

結果としては、本のタイトルすらうろ覚えな状態で、本当に簡単な説明しかできず、ちょっと情けない気持ちになりました。

読書の際にまとめているノートがその時、手元にあれば、このブログに書いてる内容に近いことは説明できたと思います。

しかし、ノートがないと思い出せない・記憶できていない現実に、打ちのめされ、衝撃を受けました。

 

そこで、今回は

アクティブ・ブレイン式記憶できる読書術 [ 矢沢大輔 ]

という本を選びました。

 

人に説明できる本の読み方

今回の読書の目的は、

「たくさん本を読んでいるが人に説明できない、自分にも行かせていないことを解消するため」

と設定しました。

 

そして、その目的を達成するため、

「人に説明できる本の読み方とは?」

という問いを立てました。

 

そして得られた答えは、

「中心的な主張をリーディングマップでまとめ、連結記憶する」

でした。

 

それはどういうことか?

ポイントは3つあります。

 

1つ目は「中心的な主張をつかむ」です。

これは、それぞれの本における一番太い幹である中心的な主張をつかんでから、本を読み始めることです。

具体的には、本のタイトル、帯、袖、著者略歴、まえがき、あとがき、目次をまず読むことです。

 

こうすることにより、何について書いているのか、何を主張しようとしているのかの把握と、全体構造を把握してやすくなります。

 

次に本文では、主張や要約が書かれているところを一度マークしておき、そこを中心に読むようにすることで、理解・記憶がしやすくなります。

 

2つ目は「リーディングマップで内容を整理する」です。

これはつまり、読書ノートで内容を整理することです。

 

リーディングマップの構成は以下です。

①リード

②本の内容

③自分の意見

 

①リードでは、一言で言うと何について書かれた本かを書きます。

②本の内容は3つ選び、それぞれ、要約メッセージと事例をセットで記載します。

③自分の意見は、①②の本の主張に対して、自分はどう感じたか、何を考えたか、どう活かすかなどを書きます。

 

まずはリーディングマッピングを見ながら、人に説明してみれば、自分がどれだけ内容を理解しているか、覚えているかの指標にもなります。

 

3つ目のポイントは「イメージ連結法で記憶する」です。

記憶方法の詳細は本書に譲るとして、ざっくり次のような方法です。

 

先のポイント2で、本の内容を3つ選びましたが、それぞれを連想させる画像をイメージします。

そして、内容1と内容2の画像が一緒に登場する画像やストーリーをイメージして覚えます。

同じように、内容2と内容3の画像が一緒に登場する画像やストーリーをイメージして覚えます。

 

この画像を思い出すことをきっかけとして、リーディングマップの内容を思い出し、空で人に説明できるようになります。

 

まとめ

いかがでしたか。

人に説明できるような読書方法は、

「中心的な主張をリーディングマップでまとめ、連結記憶する」

でした。

 

具体的には、次の3つのポイントがありました。

ポイント1 本のタイトル、帯、袖、著者略歴、まえがき、あとがき、目次から、中心的な主張をつかむ。

ポイント2 ①リード(ひとこと)、②内容(要約、事例)、③自分の意見で、リーディングマップにまとめる。

ポイント3 覚えたい内容を象徴する画像を連結させる、イメージ連想法で記憶する。

 

私の最近の読み方は、要約中心でしたが、事例を交えると説得力が増すことに繋がると感じました。

また、記憶術は初めてやってみましたが、結構楽しかったし、実際に思い出せました。

これも取り入れていきたいと思います。

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。