はじめての人のための3000円投資生活(横山光昭)3000円投資の3つのポイント!

この記事は2分で読めます

投資のための元手がない

ここ数年、会社の経営情報が芳しくなく、年収ベースで百万円減収です。

毎月の収支は、これ以前からも厳しかったのですが、ますます厳しく辛いです。

 

新たに投資できる状況ではないと思いつつも、タイトルに惹かれて、

家計再生コンサルタントの横山光昭さんが書いた

はじめての人のための3000円投資生活

を、手にとりました。

 

もちろん、お金、資産を殖やしたいのが正直なところ。

銀行に預けても、金利は雀の涙ほど。

 

3000円投資のやり方

読むにあたって、

「3000円投資って具体的にどうやるの?」

「そもそも投資に当てるお金はどう捻出するの?」

という、問いを立てました。

 

その結果、あわせて3つのポイントを得ることができました。

 

1つめは、「ネット証券でバランス型投資信託をで月3000円積立」です。

まず、3000円投資生活とは、無理しないコツコツ投資+毎月の貯金とのことです。

3000円からはじめるのは、心理的にも経済的のも負担が少なく、きっかけになるから。

そして、はじめは、安全性が高く、銀行より良い金利を狙いましょうとのことです。

 

はじめ方ですが、下記のおすすめネット証券から選び口座開設します。

SBI証券、楽天証券、マネックス証券、カブドットコム証券

 

そして購入するおすすめ投資信託は、

世界経済インデックスファンド

これを、月3000円、引き落とし日を決め、再投資型で申し込む。

 

投資したことのない人は、まずはここからはじめてみる。

そして、勉強しながら、投資額や投資対象を増やしていきましょう。

 

2つめは、「消費・浪費・投資は70:5:25のバランス」です。

まず、自分のお金の使い方を、消費・浪費・投資に分類します。

 

具体例は、

消費:食費、住居費、水道光熱費、教育費、被服費、交通費など。

浪費:嗜好品、程度を超えた買い物やギャンブル、固定化された高い金利など。

投資:貯金、金融商品への投資、自分への投資など。

 

さらに、投資は、

 貯金:金融商品・自分への投資を15:10

で分けるとよいみたいです。

 

また、当然のことながら、

「月々の収入で支出を収める」

ことが大前提になります。

 

ここが、私は結構厳しいので、浪費が多くないか確認してみます。

 

3つめは、「何のためにお金を貯めるのか目的を決める」です。

ここが結構、わたし自身は漠然としていました。

なんとなく、老後のためという意識しかなく。

 

だから、お金を貯める楽しさ、ワクワク感がなかったんだと気付かされました。

家族と相談して、使う目的と期限ありきで、貯める殖やす方が、やる気も違ってきますね。

 

今回この本を読んだことで、次のようにしたいと思いました。

 

まずは、お金の使い方の現状把握です。

・月々の収入で支出を収めているか?

・消費・浪費・投資の割合は?

・浪費を少なくするには?

の3点で確認。

 

次に、家族とお金の使い方を相談する。

・家、家具、家電

・レジャー

・教育

など。

 

そして、ネット証券の口座を解説し、おすすめの投資信託から投資をはじめる。

 

コツコツ少しずつお金が殖えるのを楽しみにしたいと思います。

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。