変化できる人(赤羽雄二)変われない自分を変える3つの方法とは?

この記事は3分で読めます

変われない自分から脱却するには?

あなたは、今の自分が好きですか?

本当は変わりたいのに、変われないと諦めていませんか。

 

例えば、ダイエットしよう、英語勉強しよう、起業しようと思って、何年も変わらず同じ状況のままになっていませんか。

ちょっと努力したけど、三日坊主で終わったり、すぐに挫折してしまったりして、変われずに、悶々としていませんか。

 

今回は、

変化できる人 人は誰でも、何歳でも変わることができる [ 赤羽雄二 ]

より、変われない自分を変える方法を3つ紹介します。

 

  1. 「思いこみ」を捨てる
  2. 変化するための「魔法の言葉」
  3. 仲間がいれば変わりやすい

 

それぞれ順番に説明します。

 

「思いこみ」を捨てる

著者の赤羽雄二さんの相談経験上、「変化できない人」はスキルには問題がなく、単に「変わることができない」と思いこんでいるだけだそうです。

自分の気持ちで、金縛りに遭っている状態です。

 

同じように、

  • 自信がない
  • 勇気がない
  • 自分の柄ではない

という、思いこみがあります。

 

でも、冷静に考えてみると、自信も勇気も水ものです。

自信・自分の柄が気になるのは、自意識過剰です。

 

そして、「変化できない人」は「どうせ」「私なんか」と言うことが多いです。

これも典型的な口癖、「ただの癖」。

 

まずは、これらの思いこみや口癖に気づくことが、「変化できる」への第一歩です。

 

変化するための「魔法の言葉」

それでは具体的どうすれば、思いこみや口癖を捨てられるのでしょうか。

ここでは手軽な方法として、「魔法の言葉」を紹介します。

 

納得してなくても、まず1回やってみる魔法の言葉

「百歩譲ってやってみよう」

「騙されたと思ってやってみよう」

「だめ元だと思ってやってみよう」

 

曜日・時間限定でやってみる魔法の言葉

「月曜・火曜だけやってみよう」

「午前中だけやってみよう」

「すぐやめればいいと思ってやってみよう」

 

相手との関係性からやってみる魔法の言葉

「誰かのためにと思ってやってみよう」

「相手に負けるわけではないと思ってやってみよう」

「誰にも頼れないと思ってやってみよう」

 

自分の気持ちや状況にあった魔法の言葉をつぶやいてみましょう。

そして、1分でも5分でも動いてみましょう。

 

仲間がいれば変わりやすい

変化できるようになるためには、きっかけがほしいですね。

きっかけの作り方として、新しいやり方に抵抗があまりない仲間・友人を持ち、彼らから刺激を受けることを推奨しています。

刺激を受け続けることで、自分もだんだん変わっていきます。

やっている人から、そんなにリスクがないことや、具体的なやり方も教えてもらうことができるからです。

 

それでは、どのように刺激してくれる仲間・友人を募ればいいのでしょうか。

 

ひとつは、職場の同期・やや先輩・やや後輩から募って悩みを共有する。

注意点は、ネガティブな人、暗い人、自己肯定感が低すぎる人は避けましょう。愚痴大会になってしまうので。

 

もうひとつは、Facebookグループなどを立ち上げて仲間を募ることです。

ネット上はもちろん、オフ会を開いて直接情報を共有するのも、意外と簡単にできるようです。

 

著書には書いてませんが、私個人はとしては、期間の長いセミナーに参加して、仲間を増やすことも、確実な方法だと思います。

 

重要なのは、なんでもかんでも「自分だけで解決しなくていい」ことに気づくことです。

真面目すぎる人は、自分のことは自分で解決しなくてはと思い、時間かかりすぎたり、品質が上がらなかったりしてしまいがち。

 

頑張った上で詰まってしまったら、人に頼ることへ切り替えましょう。

そのいう状況なら、頼られる人もうれしいでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか。

今回は、

変化できる人 人は誰でも、何歳でも変わることができる [ 赤羽雄二 ] より、

変われない自分から脱却する3つの方法を紹介しました。

 

  1. 「思いこみ」を捨てる
  2. 変化するための「魔法の言葉」
  3. 仲間がいれば変わりやすい

 

「変われない」「自信がない」「勇気がない」「自分の柄ではない」というのは、単なる「思いこみ」。

「どうせ」「自分なんか」は「ただの癖」

 

この状態に陥っていることに気づき、「魔法の言葉」「仲間」をきっかけに、変化できる人になりませんか?

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。