刊行記念著者セミナーで出された2つの質問とは?ふわふわした夢を現実に変える逆算手帳の習慣(コボリジュンコ)

この記事は2分で読めます

2018年10月10日に開催された「逆算手帳の習慣」刊行記念著者セミナーに参加しました。

 

セミナーのメイン記事はこちら。↓

著者直伝!逆算手帳の実践の3つの秘訣とは?

 

今回は、そのセミナーの最後で、著者のコボリジュンコさんから出された2つの質問を紹介します。

 

やりたいことを先延ばしにする理由とは?

まず、一つの著者からの質問。

「やりたいことを先延ばしにしてしまうのなぜ?」

 

あなたは、やりたいことを先延ばしにしてしまう理由、どう思われますか?

 

やらなければならないことで、時間がなくなるから?エネルギーがなくなるから?

やりたいことがはっきりしていないから?

自分には夢が叶える力がないから?

夢は夢のままにしておきたいから?

 

答えは

締切・期限を決めていないから。」でした。

 

「いつかは・・・」と思っているだけで、何年も同じ状態ではないでしょうか?

 

そうかと言って、いきなり「いつまで」を決めようとしても、決断できなかったり、決めても絵に描いた餅になってしまうかもしれません。

 

それなら、まず、「いつぐらいまでに」を決めましょう。

これが、逆算手帳の中で、ライフビションの次に作る、「ライフ逆算」です。

 

それから、10年逆算、1年逆算とブレークダウンし、「いつまでに」を決めていきましょう。

 

補足として、「現在(Now)からワクワクする未来(Future)へ向かう3ステップ」も紹介されていました。

  1. いつまでに
  2. どうなっていたい
  3. どうやって

まずは、いつまでにの締切・期限を決める。

次に、どうなっていたいかの未来との現在ギャップを把握する。

そして、どうやったらいいか、逆算して、小さなステップを立てる。

 

やはり、いつまでにを決めるが大切なんですね。

 

何が必要かわからない時にはどうすればよいか?

続いて、著者からの2つめの質問。

「何が必要かわからない時にはどうしたらいいでしょう?」

 

やりたいことをどうやったらいいか、もしくは、やりたいことを達成するプロセスがわからなくて、立ち止まったまま動けなくなってしまうことはありませんか。

そんなときは、どうしたらいいのでしょうか。

 

答えは

「調べる!」です。

 

まず、手軽に調べる方法としては、インターネットで検索する(ググる)

大抵のノウハウは、インターネットに溢れていますので、まずはここから始めてはみましょう。

場合によっては、Q&Aサイトで質問してみるのもいいかもしれません。

 

少し専門的なことや、具体的なノウハウは、本で調べる

投資として本を買って調べるのもいいですし、図書館で本を借りて調べるのもいいでしょう。

 

そして、一番効果的なのは、経験者に聞くことでしょう。

経験者だからこそ語れるコツや、人脈も教えてもらえるかもしれません。

特にニッチで、ネットにも本にもノウハウが載っていないような夢・目標は、経験者からしか情報が得づらいでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか。

「逆算手帳の習慣」刊行記念著者セミナーより、コボリジュンコさんからの2つの質問を紹介しました。

 

1つめの質問は「やりたいことを先延ばしにしてしまうのなぜ?

答えは「締切・期限を決めていないから」。

 

2つめの質問は「何が必要かわからない時にはどうしたらいいでしょう?

答えは「調べる」。

 

あなたも、やりたいことの期限を決めて、やりかたを調べながら、わくわくする夢に挑戦してみませんか?

 

関連記事

著者直伝!逆算手帳を実践する3つの秘訣とは?

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。