本田健世界デビュー作品「Happy Money」で伝えたい5つのこと

この記事は3分で読めます

テルです。

本田健さんの世界デビュー記念講演会 「自分のワクワクを追いかけて経済自由人になる法」に参加しました。

 

本田健さんの世界デビュー作「Happy Money」に込めたメッセージをはじめ、講演会の内容を復習を兼ねて紹介します。

 

冒頭、本田健さんの活動紹介があり、その中でバシャールに会いに行った際に、もらったメッセージが紹介されました。

 

バシャールから学んだ最高の人生を生きる5つの鍵

  1. ワクワクに優劣はない
  2. ワクワクは、最奥の未来への誘導灯
  3. 情熱には、必ず受け手が存在する
  4. シンクロは必要なものを届けてくれる自動メカニズム
  5. イメージできるならば、それが実現した未来も存在する

 

本田健さん世界デビュー作のタイトルは「Happy Money」。

世界デビューに合わせて、本とビデオが大ヒットした

ザ・シークレット [ ロンダ・バーン ]

の続編となる映画も作るそうです。

 

そんな思いの詰まった「Happy Money」で本田健さんが伝えたかったメッセージを紹介します。

 

「Happy Money」で伝えたい5つのこと

  1. お金のもらい方が、今の幸せ度を決める
  2. お金の使い方が、未来の豊かさを決める
  3. お金ではなく、人生を信頼すること
  4. 「大好き」が、幸せにお金を運んでくる
  5. 分かち合いで、お金も仲間も増える

「Happy Money」とは「人を幸せにするお金のこと」

お金が入ってきたとき、「ありがとう」という気持ちになる。

そして、お金が出ていくときも、「ありがとう」という気持ちになることが大切です。

 

幸せな経済自由人という生き方

  1. お金から解放されている
  2. 時間や場所の自由がある
  3. 自分らしさを自由に表現している
  4. 幸せな人間関係を持っている
  5. 毎瞬、大好きなことをやっている

「不幸・幸せ」と「お金持ち・お金があまりない」、これらを組み合わせた4パターンどれが、素敵な生き方でしょう?

やはり一番いいのは「幸せなお金持ち」でしょう。

それこそが、「幸せな経済自由人」

 

あなたが何歳でも、男性でも、女性でも、どんな職業についていても、将来、幸せな経済自由人になることができます。

それが次のステップです。

 

幸せな経済自由人になるための5つのステップ

  1. 大好きなことをして情熱的に生きる
  2. 才能を軸に、キラー商品を開発する
  3. 出会う人全てを味方にして、応援を受け取る
  4. お金のIQ/EQを高め、豊かさの流れに身を置く
  5. 失敗を愛し、戦略的に行動し続ける

お金のIQとは、稼ぐ、使う、守る、増やす能力・スキルです。

お金のEQとは、受け取る、感謝して味わう、信頼する、分かち合う能力・スキルです。

IQも大切ですが、EQの方が楽しい感覚で価値があります。

 

「大好きなこと」をして「才能が輝き」、そして「楽しく幸せに」なって「人が集まり」、結果として「お金が集まる」というプラスのサイクルが生まれます。

お金の流れが、自分を経由していくような楽しいイメージです。

 

そして、「受け取るお金 = 与えたサービスの量 × 質」なので、一番自分にあった方法でたくさんの人を喜ばせるのがよいでしょう。

 

では、自分にあったワクワクする方法は、どのおうに見つければよいのでしょうか。

それが次の方法です。

 

ワクワクを見つける5つの質問

  1. 子供の頃、大好きだったことは?
  2. 時間を忘れて夢中になることは?
  3. これまで一番ワクワクしたことは?
  4. びっくりされる時間やお金の使い方は?
  5. ただそれをやるだけ満たされることは?

この質問に答えることが、自分にあったワクワクしながら人を喜ばせるヒントになるでしょう。

 

次に、有効なお金の使い方を紹介します。

 

5つのお金の使い方

  1. 自分への投資する
  2. 自分や人を喜ばせる・応援する
  3. 将来、お金を生むものを買う
  4. 将来、支出を減らすものを買う
  5. 寄付する、ボランティア活動に使う

今度は、お金と仕事の未来について、本田健さんが予測してくれました。

 

お金と仕事の未来予測

  1. お金の電子化・キャッシュレス化が進み、収支が記録される
  2. 現金管理や労働集約的業務が壊滅する
  3. ベージックインカムが導入される
  4. 誰もが人生の意味・目的を問われる
  5. 大好きなことがけが仕事になる

医療診断、弁護士を始めとした士業も、AIが取って代わる時代も近いかもしれません。

それでは、AIやデジタルテクノロジーの進化で、労働集約的業務が壊滅していく将来に、伸びる仕事には、どんなものがあるのでしょうか。

 

将来、伸びていく仕事

  1. アーティスト
  2. クリエーター
  3. デザイナー
  4. おもてなしのサービス
  5. 自己表現のサポート業

つまり、AIには難しいクリエーティブなことや、人と関わりやホスピタリティが必要なサービス、サポートが伸びていくのでしょう。

 

まとめ

いかかでしたか。

 

本田健さんの世界デビュー記念講演会 「自分のワクワクを追いかけて経済自由人になる法」からの盛りだくさんのポイントを紹介しました。

 

「あなたの未来はあなたの才能を見つけられるか」にかかってきます。

あなたの大好き、才能、得意なことを見つけ、それを活かして、人々に喜んでもらえる生きたかとしましょう。

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。