起業準備!会社員でも簡単にできるファーストステップ

この記事は3分で読めます

夢への登りやすい階段をつくる方法

こんにちは、テルです。

2018年8月26日に開催された、吉村作治先生スペシャルセミナー「夢に生きる」に参加しました。

 

後半は、起業コンサルタントであるの今井孝さんによる講演でした。

講演のタイトルは「夢への登りやすい階段をつくる方法」

今回は、その中からの起業を目指している方、会社員でもすぐ始められる簡単なファーストステップをまとめました。

 

既存のお客様と見込み客

ビジネスをする場合、お客さんがどれだけいるかが大切と考えると思います。

しかし、それ以上に「見込み客を集める」ことが重要です。

まだ起業しておらず、商品もやることも決まっていいない人でも、見込み客を集めましょう。

例えば、見込み客の1割が買ってくれるのであれば、見込み客が増えれば、売上も上がるということです。

 

では、見込み客とは何でしょう?

それは、説明を聞いてくれる人です。

 

見込み客の増やし方

売れる保険の営業マンは、いろんな機会で名刺交換すると、全員にお礼メールを送るそうです。

そうするとその後、ご縁あったり、波長合う方などに、100人に1人に売れるとしましょう。

何をしたら売れるか、この場合は、コツコツ名刺交換とお礼メール。

これこそが、見込み客を増やす仕組みということです。

 

では、名刺交換以外の方法はあるのでしょうか。

一番良いのは、信頼のある方、実績のある方から紹介を受けることでしょう。

でも、そのような交流関係がない場合はどうすればよいでしょうか。

起業前でもできるこは何でしょうか。

 

応援してくれるファンをつくる

今では、メルマガ、Facebook、LINE@などで、誰でも情報発信が始めやすくなっています。

まだ、起業・副業として、やりたいことも決まっていなくても、自分なりの世界観は発信できますよね。

そして、発信していると、だんたんとやりたいことが明確になってくるでしょう。

 

そういった自分の世界観に、興味を持ちそうな人を情報発信して、起業前に集めておく。

興味持ってくれた人と、コミュニケーションしていくと、ニーズがわかってくる。

 

また、リアルの場でも、どんどん知り合いを増やしましょう。

興味のあるセミナーに行って、出会ったら全員に声をかけ、名刺交換しお礼メールをする。

「気が合う人いないかなー」と軽い気持ちで。

そうしていくと、今の自分を飾ることなく、ヘボい自分をいいと思ってくれる人は必ず現れます。

 

さらには、

・知り合った人に紹介してもらう

・自分の夢をすでに達成している人に会いに行く

 

そして、ファンを300人、1000人と増やしていきましょう。

 

いろんな人と早めにつながる

今井孝さんは、会社員時代に、コーチングのセミナーに行き、会社員とは違う生き方に気づいたそうです。

そして、会社員時代に、ブログやメルマガをハンドルネームで始めたそうです。

 

現在では、起業コンサルタントとして活躍されています。

若かりし頃に、本の編集者と仲良くなったいて、その方が現在では副編集長・編集長と出世され、本の出版がスムーズにつながったそうです。

 

損得考えず、まずは仲間を増やす。

そして、お互いに応援し合う仲をつくる、自分のファンをつくるのがポイントですね。

 

また、今は有名人でもオンラインサロンやクラウドファンディングに投資することで、つながりを持ちやすくなっているので、この人とはぜひ繋がりたいという場合、活用するとよいでしょう。

 

 

まとめ

いかがでしたか。

 

あなたは、漠然と、起業・副業できたらと思って、何もできずに何年もすごしていませんでしたか。

私もそのような状態でした。

 

でも、会社員でも簡単にできるファーストステップとして

「応援してくれるファン・仲間をつくる」

ことを目指してみようと思いました。

 

具体的には、

・情報発信をはじめる(ブログ、facebook、メルマガなど)

・興味のあるセミナーに参加。

参加者と名刺交換・facebookでつながり、お礼メールする

と、いったことから、始めてみましょう。

 

最後に、今井孝さんの著書はこちら。

 

 

関連記事

吉村作治氏スペシャルセミナー「夢に生きる」メモ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。